食のセレクトショップ「のレンMURO」神楽坂店グランドオープン

鵜野澤がクリエイティブディレクションを手がける株式会社コラゾンから
日本の食文化に焦点を当てたコンセプトショップ「のレンMURO神楽坂店」がオープン。
麹を中心とした発酵食品を厳選し、日本の食と調理道具を取り揃えました。
かつて米、味噌、醤油、酒などの荷揚地として栄えた食の街・神楽坂で
知れば知るほど奥深い発酵食品の魅力を発信して行きます。

 

ニュースリリースはこちら
のレンブランドサイト MUROはこちら

 

news_noren_muro

 

のレンMURO神楽坂店
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号
電話 03-5529-2910
営業時間 10:00〜21:00 年中無休

 

店舗トータル監修 鵜野澤啓祐
アートディレクション 鵜野澤啓祐
デザイン 鵜野澤啓祐/コラゾンデザインチーム
施工 株式会社スペース

 

15 Nov 2017

和のセレクトショップ「のレン」関空T2初の和雑貨店グランドオープン

鵜野澤がクリエイティブディレクションを手がける株式会社コラゾンから
和のセレクトブランド「のレン」の関西国際空港T2店がオープンしました。
T2での初の和雑貨のショップとなります。
新商品の和菓子、飲料も取り揃え新業態の店舗となります。
海外へ旅立つ方々に日本の想い出をお届けしています。

 

のレン ブランドサイト http://noren-japan.jp

 

news_noren_kanku

 

店舗トータル監修 鵜野澤啓祐
アートディレクション 鵜野澤啓祐
デザイン 鵜野澤啓祐/コラゾンデザインチーム
施工 株式会社スペース

 

15 Nov 2017

MEDIA DO HOLDINGS、MEDIA DO TEC 徳島ロゴマーク

news_mdhd_mdtt

 

鵜野澤がCIを手がける株式会社MEDIA DOの新会社MEDIA DO HOLDINGS、MEDIA DO TEC 徳島のロゴマークをデザイン。

MEDIA DO HOLDINGSはデジタル著作物を広く流通させるべく、業界最多のコンテンツラインナップ、

およびテクノロジーを駆使したソリューションによるプラットフォームとしての「電子書籍流通事業」と、

コンテンツプロモーションのための情報メディア運営やマーケテング支援を行う

「メディア・プロモーション事業」を世界展開しています。

 

MEDIA DO HOLDINGS
https://www.mediado.jp/

 

MEDIA DO TEC 徳島
https://www.mdtt.jp/

 

アートディレクション・デザイン 鵜野澤啓祐

 

15 Nov 2017

のレン赤レンガ倉庫店、目黒店オープン

鵜野澤がクリエイティブディレクションを手掛ける株式会社コラゾンの

セレクトショップのレンの、赤レンガ倉庫店、目黒店がオープンいたしました。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

のレン ブランドサイト http://noren-japan.jp

 

クリエイティブディレクション・アートディレクション・デザイン 鵜野澤啓祐

デザイン コラゾンデザインチーム

 

news_2017_8

 

28 Aug 2017

第1回 アート&デザイン新世代賞 募集開始

作家 辻仁成氏主宰のDesign Storiesにて第1回アート&デザイン新世代賞の募集を開始いたしました。

若き学生を対象としたデザインとアートのための全く新しい新人賞がスタートします。

第1回目のテーマは「生活に寄り添う」です。

 

審査員

千住博(日本画家・審査委員長)

新立明夫(プロダクトデザイナー VO Corporation代表)

鵜野澤啓祐(クリエイティブディレクター/デザイナー VENUS SPRING INC.代表)

辻仁成(作家・Design Stories主宰)

 

応募概要、提出先・お問合わせ先など詳細はこちら

Design Stories サイトはこちら

 

sinsedai

 

 

辻仁成氏メッセージ

 

デザインストーリーズでは本日、第1回「新世代賞」の募集を開始しました。

大人のデザイナーのための賞は数多あります。

しかし、日本にとって大事なことは未来ある若者たちにチャンスの場面を作ること、

将来この国をリードできる新しい才能を発掘することだと気が付いたのです。

そのためには学生を対象としたデザインとアートの賞を作る必要がある、と考えました。

デザインストーリーズ創刊に続くわたしたちの挑戦の第2弾がはじまります。

それが学生を対象としたこの「新世代賞」の設立です。(学生ではないがデザイナーを目指す25歳以下の若者もその対象となります)

審査委員長をつとめる日本画家の千住博氏をはじめ、プロダクトデザイナーの新立明夫氏、

クリエイティブデザイナーの鵜野澤啓祐氏、そしてわたしの4人が責任をもって審査を致します。

11月2日に東京で審査会を開催し、優秀作品を決定します。

賞金もでますが、最優秀賞を受賞された方には海外短期研修を支援させていただきます。

外に出て、外の空気を日本に持ち帰ってもらいたいという願いが込められています。

幕末の若きサムライたちは海を渡って外国で学ぼうと試みました。

ところが昨今、欧州においては、日本人留学生が激減しています。

わたしたちは海外で学んでみたいと願う大志ある若い世代を微力ながら支援していきたいと考えたのです。

クラーク博士の言葉「青年よ大志を抱け」を再び、若い諸君の心に響かせたく。

 

<美術系学校関係者のみなさまへのお願い>

このような賞を設立しました。美大、芸術大学、専門学校、工業専門学校、中学高校の美術部の先生方、

ぜひ、当新世代賞のポスターを貴校に貼っていただけるようお願いいたします。

一人でも多くの学生たちにこのメッセージとチャンスを届けたいのです。

ご協力いただける場合、以下の問い合わせ先までご連絡をください。

〇アート&デザイン新世代賞事務局(Design Stories内)

E-mail: tokyo@designstoriesinc.com

まずは、第1回「新世代賞」を成功させたいと思います。 賞が重要なのではありません。

応募することが大事なのです。行動、動き出すこと、ぜひ、若い世代のアートとデザインに向かう諸君、ふるってご応募ください。

ここでその才能を開花させてください。

 

DESIGN STORIES 主宰 辻仁成

 

 

10 July 2017