ニューヨーク近代美術館ホリデーカード75周年『ホリデーカード制作動画公開』

ニューヨーク近代美術館のホリデーカードが発売開始から今年で75周年を迎えました。

アンディ・ウォーホール、アレキサンダー・カルダーなどがデザインを手掛けたことで有名です。

1965年に発売されたロバート・インディアナのホリデーカード作品「LOVE」は

ニューヨークの街の彫刻として生まれ変わり世界中の人々に愛されています。

ホリデーカード75周年を記念して3人のアーティストが選出され、ホリデーカードへの想いと制作動画が紹介されています。

その1人にUnosawaが選出されました。Unosawaが最初の作品を発表してから25年目を迎えました。

毎年新作を発表出来たこと、これも皆様のお陰と心より感謝申し上げます。

これからも1つ1つにテーマを持ち、大切な人と人を繋ぐ、楽しくて温かいデザインを発表していきます。

 

<カードへの想い>

言葉には音が足りない。

一つのことを伝えるには過去や今を伝える時間が足りない。

デザインには音も言葉も足りない。

特にカードはデザインだけでは成立しない。

贈る人が想いを表現したデザインのカードを選び、

伝える言葉を記してカードは完成するのだ。

私はいつも100%に満たないデザインを目指している。

 

Words do not have enough sounds.

To tell the one thing, they do not have enough time to tell the past and present.

Designs do not even have sounds and words.

Especially, the cards can not be completed by only designing.

The sender chooses a card that can be expressed their feelings, writes the words to tell, and

finally, the card will be done. I always aim for designing the card incompletely,

waiting for you to complete them with your story.

Keisuke Unosawa

 

 

 

< MoMA Holiday Card 関連サイト>
MoMA Design Store
MoMA Holiday Card Story
MoMA

 

 

14 Dec 2019